正しいケアを!膝の痛みの基本マニュアル

膝の痛みと上手に付き合うために知っておきたいこと

駿楽

ここでは膝が痛い人の症状改善に役立つサプリメント「駿楽」の口コミや含有成分、特徴について紹介しています。

駿楽(若光)を飲んでいる人の口コミ

数年前から膝が痛くなり階段がとても苦痛でグルコサミンを飲んでいたのですが、
これといった効果は感じませんでした。気休めのつもりで非変性II型コラーゲン配合の駿楽を飲み始めたら、効果が歴然。いまではウォーキングや庭仕事に気兼ねなく精を出しています。

登山をしていて膝を痛めてしまい通院していました。ある時、病院で知り合った方から勧められて駿楽を飲むようになり、10日目くらいから変化を実感。今は飲み始めて1ヶ月くらいですが、膝の違和感が無くなり調子が良くなりました。

義母は88歳で駿楽を飲み始めてから6ヶ月ほど経つのですが、
1日1粒なので飲みやすいし、飲んでいると調子がよいと言って喜んでいます。

4年前に左足を骨折してしまい、それから慢性的な痛みに悩まされていました。
駿楽を飲むようになってからは徐々に痛みが出る回数が減ってきて、重心をかけても以前のような痛みも感じません。
歩き続けても苦にならなくなりました。

駿楽の口コミ評判をもっと見る>>

軟骨と骨の両方に働きかける次世代型サプリ

駿楽は、膝の痛みへの効果が注目される成分、非変性ii型コラーゲンを主成分としたサプリメントです。
以前は若光という名称で販売されていましたが、新たに新成分のプロテタイトとビタミンDが加わり、2014年6月に駿楽(しゅんらく)としてリニューアルされました。膝の痛みにおすすめのサプリメント駿楽

非変性II型コラーゲンについては、ハーバード大学で研究された新成分UC-II(非変性2型コラーゲンを身体に取り入れやすく加工したもの)を製造しているアメリカのインターヘルス社と直接契約をして、提供を受けています。

UC-IIは鶏の胸部軟骨から特許製法によって精製された非変性II型コラーゲン含有素材で、
アメリカの有用性試験により40mgを摂取することで、グルコサミンやコンドロイチンを2,700mg摂取した場合よりも、膝の快適度合いが高いことが明らかになっています。

また、駿楽は1日1粒でUC-IIの摂取目安量である40mgを摂ることができるので、
錠剤が苦手といった場合でも負担なく飲むことが可能です。

このほか、駿楽で注目したいのは、プロテタイトという新成分
プロテタイトは骨の基となるI型コラーゲンにカルシウム、リン、マグネシウムなどのミネラル成分を結合させたコラーゲン含有ミネラル複合体です。

世界で初めて物質特許を取得しており、摂取することでカルシウムより効率的に骨密度、骨質を強化することができると言われています。
骨はカルシウムだけで構成されていると思われがちですが、実は3割がコラーゲンなどのたんぱく質、7割がカルシウム、リン、マグネシウムなどのミネラル成分で構成されています。

プロテタイトは骨組織の構造と同様な成分組成により、骨粗しょう症の備えや骨強度維持のために開発された新素材で、将来性が期待されています。

駿楽はこのプロテタイトとUC-IIにより軟骨と骨の両方に働きかけができる次世代型のサプリメントだと言うことができます。

駿楽の基本情報

  • 商品名:駿楽
  • 価格:通常8,640円(税込)/30粒 定期7,776円(税込)/30粒
  • 内容量:6.88g【1粒229.5mg(内容量:180mg)×30粒】
  • 摂取目安:1日1粒
  • 配合成分:UC-Ⅱ40mg、ヒアルロン酸1mg、オリーブ葉抽出物1mg、プロテタイト(コラーゲン含有ミネラル複合体)20mg、ビタミンD 0.6mg、セルロース34.06mg、ステアリン酸カルシウム1.8mg

特集

正しいケアを!膝の痛みの基本マニュアル