正しいケアを!膝の痛みの基本マニュアル

膝の痛みと上手に付き合うために知っておきたいこと

グルコサミンやコンドロイチンとの違い

ここでは非変性ii型コラーゲンのグルコサミンやコンドロイチンとの違いや、特徴について解説しています。

グルコサミンやコンドロイチンってどんなもの?

グルコサミンやコンドロイチンは軟骨を構成する成分の一つで、膝の痛みによいことで有名ですが、そもそもどういったものなのかを整理してみましょう。

グルコサミン

グルコサミンはアミノ糖と酸が結びついた天然のアミノ糖です。結合している分子によって、
グルコサミン硫酸塩やグルコサミン塩酸塩といった種類があります。

軟骨の再生を促してくれるので、摂取することによりすり減ったり老化した関節軟骨を修復したり、
若干ですが関節の痛みを緩和する作用を持っています。骨関節炎、特に膝関節炎痛に有効であると言われています。

サプリメントで使われるグルコサミンはカニやエビなどの甲殻類の殻から抽出されるものが多いですが、
トウモロコシなどの植物由来のグルコサミンもあります。

コンドロイチン

コンドロイチンは人間の体内でアミノ酸と糖が結合したグルコサミンが代謝して生成されるムコ多糖の一種です。
グルコサミンとコンドロイチンの関係は「部品」と「製品」に例えられます。

グルコサミンとは違って軟骨の再生を促す働きはありませんが、
軟骨の分解を阻止するクッションのような役割を持っているため、関節がスムーズに動くために重要な働きをしています。

サプリメントではサメの軟骨から抽出されるものが多くなっており、グルコサミンとは原料の違いがあります。

関節軟骨に多く含まれる非変性II型コラーゲン

非変性II型コラーゲンはたんぱく質の一種で、関節軟骨に多く含まれるII型コラーゲンに属します。

II型コラーゲンには変性II型コラーゲンと非変性II型コラーゲンがあるのですが、
変性II型コラーゲンは高熱処理や化学処理(酵素処理)によって構造が破壊されているため、
体内のII型コラーゲンとは構造が異なり、摂取すると低分子ペプチドやアミノ酸まで分解されてから吸収されるため効率がよくありません。

これに対し非変性II型コラーゲンは、主に鶏胸軟骨から抽出したII型コラーゲンで形成されていて、
特殊製法により構造が壊されていないため、体内のII型コラーゲンと構造がほぼ同じで、摂取すると分解されずに小腸まで届きます。

小腸のバイエル版(免疫誘導装置)によって「栄養」として認識され、
分子量の多いコラーゲンであってもそのまま体内に吸収されることになります。

非変性II型コラーゲン、グルコサミン、コンドロイチンはいずれも軟骨を構成する成分であることが共通点になります。
非変性II型コラーゲンが決定的にグルコサミンやコンドロイチンと違う点は、関節軟骨の中の構成比率です。

関節軟骨は水分が60~80%を占めますが、残りの15~20%が非変性II型コラーゲンとなっており、
グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸の占める割合は3~5%に過ぎません。

ということは関節軟骨の主成分は非変性II型コラーゲンということになり、
サプリメントで軟骨成分を摂取する場合には、グルコサミンやコンドロイチンよりも非変性II型コラーゲンの方が効率がよいということになります。

実際にヒューストン大学のヒト臨床試験によれば、非変性II型コラーゲンを摂取した場合、
グルコサミン・コンドロイチンを摂取した場合よりも2.5倍の速度で反応があったとの報告があります。

特集

正しいケアを!膝の痛みの基本マニュアル